探偵事務所にストーカー犯人探しを依頼すると調査料金はどれだけかかるの?警察より優秀?!

ストーカー被害に合う人は年々増えています。

また、警察に相談をしてもきちんと対応してくれない場合もあります。

特に顔見知りからストーカーをされている場合や、軽いストーカー被害の場合は警察が動いてくれない可能性も高いでしょう。

そんな時は、探偵事務所に相談をしてください。

探偵事務所に相談をすることでストーカー被害を抑えることが出来るかもしれませんし、ストーカー被害の状況を明らかにして警察に対応をお願いすることも出来ます。

警察が対応をしてくれない場合に頼るべき場所が、探偵事務所なのです。

 

ストーカーの監視調査とは

ストーカー対策で行うのが、監視調査や行動調査です。

これらの調査は、ストーカーを逆に監視したり、行動を把握することで、どのようなストーカー行為を行っているのか、犯人はどんな人なのかを調べる調査です。

特に、犯人がどんな人なのか全くわからない場合や、明確なストーカー被害にあっていない場合に行うべき調査となっています。

ただ付きまとわれているだけの場合や、顔見知りから頻繁に連絡が来る程度であれば警察は何も対応してくれません。しかし、週にどれだけの時間付きまとわれているのか、相手がどんな人なのか等を明確にすることで、警察に対応をお願いすることも出来るでしょう。

 

ストーカー調査の調査料金

ストーカー調査の調査料金は、基本料金4万円から、調査料金一日8万円から掛かるところが多いでしょう。

決して安い金額ではありませんが、ストーカー被害が明確になり警察に対応をして貰うことで、相手に支払って貰うことも可能です。

また、ストーカー被害の状況を明確にすることで、調査料金を抑えることも可能です。ピンポイントでいつストーカーされている、どんな被害にあっているなどがわかれば、短期間でも十分な調査結果を出すことが出来るでしょう。

そのため、いつからストーカーされているのか、具体的にどんな被害にあっているのか、犯人の目星などを事前に探偵事務所に相談をしてください。

探偵事務所で借金した人の行方を探したい!連帯保証人が払う調査料金はいくらなの?

探偵事務所への依頼で以外に多いのが、借金をした相手の行方探しです。

連帯保証人になってしまったせいで借金を背負う羽目になった方が、探偵事務所に依頼をして行方探しを行うのです。

探偵事務所へ人探しの依頼をすると、調査料は決して安くはありません(ご参考にこちらも。探偵の浮気調査の料金)。

それでも、連帯保証人になって借金を払うよりはずっと良いですし、借金相手に調査料金を支払わせるパターンも少なくはないでしょう。

探偵事務所では、どんな方法で人探しを行うのでしょうか。

 

電話番号や住民票から調べられるのか

名前、電話番号、住民票などから個人の行方を割り出すことは不可能ではありません。

しかし、これらの方法は弁護士などの有資格者しか行うことが出来ない方法なのです。

探偵事務所が名前、電話番号、住民票などのデータを利用し人探しをする方法は違法です。

悪徳探偵事務所のなかには、違法であるにも関わらず名前、電話番号、住民票などのデータを使い住所を調べたり、身元を調査する場合もあります。しかしこれらの方法はあくまで違法なので、注意をしましょう。

 

探偵事務所が出来る調査方法とは?

探偵事務所が行えるのは、債権回収のための強制執行や資産調査です。

もし借金の連帯保証人になってしまい、借金を支払う羽目になった場合は、まずは弁護士や行政書士に相談をして借金主の行方を捜しましょう。

正規のルートで住所などがわかったら、探偵事務所に依頼をして強制執行や資産調査をお願いしましょう。

これらの依頼をすることで、相手に強制的に借金を支払わせたり、借金を払えるかどうかの資産状況を確認することができます。

身元が判明し、借金を払えるという確証が出来たら、自分が借金を請け負う必要はなくなります。

また、名前や電話番号などから行方を捜すことは出来ませんが、自分自身が所有している情報から行方を割り出すことは不可能ではありません。

過去の勤務先や実家の住所などから行方を捜してもらうことは可能です。

ちなみに調査料金は難易度によって異なります。

難易度が低い場合は10万円以下、難易度が高い場合は数十万かかる場合も多いでしょう。

探偵社で出来る盗聴・盗撮調査の料金が気になる

探偵社の依頼の中でも最近増えているのが、盗聴器や盗撮器の発見調査です。

盗聴・盗撮は想像以上に身近なものです。

ホームセンターなどで発見器具なども売られていますが、自分自身で発見することは困難でしょう。

盗聴・盗撮をするための器具は、年間20万個も販売されています。

もし不安に感じたら、すぐに探偵社に依頼をするようにしましょう。

 

盗聴や盗撮を依頼するべきタイミングとは

日常生活を送っているだけでは、まさか自分が盗聴盗撮されているなんてと思う場面はないでしょう。

しかし、ふとした瞬間に、盗聴や盗撮を疑う場面があります。

もし違和感を感じたら、少し注意深く確認をしてみてください。

まず、いつも誰かに見られているように感じる、部屋に違和感を感じる、自分の情報が漏れていたなどは盗聴や盗撮の可能性があります。

特に女性の1人暮らしの場合は、盗聴や盗撮をされる可能性が高いです。ちょっとした違和感でも見過ごさないようにしましょう。

また、空き巣に入られたことがある場合、過去に盗聴や盗撮をされた経験がある場合、引っ越した後に鍵の変更をしていない場合も注意をしてください。

過去に盗聴器や盗撮器を仕掛けられている可能性があります。

現在の恋人や過去の恋人から仕掛けられている場合も多いでしょう。

盗聴や盗撮をされている場合は、テレビや電話にノイズ音が入る場合が多いです。もし音に違和感を感じた場合も注意をが必要です。

 

盗聴・盗撮の調査方法とは

探偵社で行う盗聴盗撮の調査は、機械を使って行います。

一般家庭では手に入らないような高性能の発見器を使い、さまざまな盗聴器や盗撮器を発見することが出来るでしょう。

料金は調査をする範囲や機械の性能によって異なります。

盗聴器のみ、集合住宅など調べる面積が小さい場合は2万円から対応可能です。

逆に、店舗や企業など広範囲で調べて貰う場合は、4万円以上掛かる場合もあります。

盗聴と盗撮の両方を調べる場合は、安くて4万円、高いと5万円以上の料金が掛かる場合も珍しくはありません。

【探偵社の選び方】調査料金を高額契約されたり調査力不足調査員不足の探偵社を依頼しないようにしよう

探偵に依頼をするときは、きちんとした探偵社かどうかを吟味しなければいけません。

探偵社の中には、悪徳契約を結ばされて法外な調査料金を払わなければいけなくなる場合も少なくはありません。

また、きちんとした探偵社に依頼をしなければ、調査力が足りずにどんどん調査料金が嵩んでしまう可能性もあります。

ある浮気調査では探偵事務所から「予定よりも調査が難しく、まだ決定的な証拠をつかめていません」と追加調査を提案され、しょうがなくOKを出していたら、最終的には200万円越えの調査料金を請求された事例もあります。

(参考資料:探偵による浮気調査の費用・料金

そこで、どんな部分を重視して探偵社を選ぶのか、説明いたします。

 

探偵業の届出

まず重視したいのが、探偵業の届出を出しているという点です。

探偵社というのは、資格などなくはじめることが出来ます。全く経験のない素人でも、探偵社だと名乗ろうと思えば名乗れてしまうのです。

そういったところは、調査力が不足していたり、信頼の出来ない業者の可能性が高いでしょう。

そのため、契約をするときには届出証明書を確認しましょう。

公安委員会届出を提出している業者であれば、ある程度の信頼が持てます。

 

見積もり依頼に対応

探偵社はホームページにだいたいの調査料金が記載されている場合が多いです。しかし記載されていない場合もありますし、細かく相談をしていくと調査料金も変わってきます。

そのため、事前に電話で見積もり相談をしてくれる業者をおススメします。

直接事務所に行ってから相談をすると、高額契約を結ばされてしまう可能性もあります。そのため、事前に具体的な金額の見積もりをしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

調査力があるかどうか

当たり前ですが、せっかく探偵社に依頼をするのなら、きちんと調査をしてくれるところを選ぶべきです。

しかし依頼前だと調査力があるかどうかはわかりません。

そのため、どのような調査をしてくれるのか、調査員は何人で行ってくれるのかなどの具体的な質問をして見ましょう。

調査中の電話連絡の可否や調査をする上で使う道具、調査員は何人で調査を行うかなどの質問をしてみれば、大体の調査力を把握することが出来るはずです。

また、調査結果が出た後、どのような報告書を提出してくれるのかも確認をしておきましょう。

きちんとした探偵社であれば、過去のサンプルなどを見せてくれるはずです。

報告書を見れば、どれだけ調査をしてくれるのか、どのような写真を撮ってくれるのかも簡単にわかります。そのため、出来るだけ詳しく調査について聞くようにしましょう。

 

悪徳探偵事務所にだまされないように

探偵社のなかには悪徳探偵事務所も存在します。

探偵社に詳しくない人だとだまされてしまう可能性も高いでしょう。

だまされて高額契約をしないように、事前にしっかりと調べて上で探偵社を選ぶようにしてください。

 

浮気調査以外にも!探偵社はGPS行動追跡や人探し・ストーカー対策も出来る

探偵社というと、浮気調査依頼を行うところという印象が強いかもしれません。

確かに、探偵社の代表的な仕事といえば、浮気調査です。

不倫調査や不貞調査とも言われていて、離婚裁判などにも有効活用を行うことが出来ます。

しかし、探偵社に依頼できるのは不倫調査だけではありません。

自分自身ではできないようなプロの調査をお願いすることが出来ます。

人探し

人探しとは、行方がわからなくなった人を探す仕事です。

家族や友人はもちろん、借金を返さず行方をくらました相手の捜索なども行います。

特に最近は、音信不通になった昔の恩師、疎遠になった友人知人、昔の恋人や生き別れになった兄弟や両親の捜索依頼も増えてきています。

人探しの依頼は、浮気調査ほどではありませんが探偵社では比較的多い依頼なのです。

 

ストーカー対策調査

ストーカー対策調査も探偵社にお願いすることが出来ます。

自宅のポストに怪文書が投函されている、知らない人に頻繁に尾行されている、昔の恋人に付きまとわれているなど、ストーカー被害にあっている方へのストーカー対策を行う仕事です。

警察に行けばストーカー対策をしてくれる場合もありますが、ちょっとした怪文書や証拠のない付きまといだけでは調査や対策を取ってくれない場合も多いでしょう。

探偵社に頼れば、きちんとしたストーカー被害の証拠を掴むことが出来て、慰謝料請求が可能になる場合もあります。

 

行動調査

行動調査は、身近な人が普段どのようなことをしているのかの行動を調査するものです。

行動調査を行う相手は多種多様です。夫婦間で行うこともありますし、子供の交友関係が気になり依頼をする親もいます。

離れて暮らす家族、取引会社、婚約者などの行動を調査する依頼もあります。

 

GPS行動追跡

GPS行動追跡は、ターゲットの車やバイクや自転車などに発信機を付けて追跡をする調査です。

GPS行動追跡は本格的な浮気調査や行動調査よりも費用が安いため、気軽な気持ちで行動の調査を行うことが出来ます。

本調査に進むかどうかの前段階として、GPS調査から入る方もいます。

 

そのほかの調査

他にも探偵社では、詐欺事件などの被害調査、夜逃げ相手の所在調査、盗聴器や盗撮発見調査など多種多様な調査を行っています。

気になることがあったら是非、探偵社に相談をしてみてください。